月刊Bedroom techno12月号

前回 //

 

ep7…December steps
 ⇒go!



ep7…December steps

ここはどこだろう。
ミアは辺りを見渡してみるが、真っ暗で何の情報もなく、外なのか内なのか、昼なのか夜なのか、死んでいるのか生きているのかすら分からなかった。しかし、閉ざされた五感の中で一つだけ、実際には何も見えないのだが一度だけ来たことがあるような感覚と懐かしさと優しさの様なものに包まれていることを感じていた。

『なにしてるのよ!バカ!』
ここで不意に直前の記憶が蘇る。
襲いかかってくる長い舌からジュエルを助けようとして飛び出したために捕まってしまったのだ。
そうしてようやく自分が、大きなカエルの大きな胃の中に飲み込まれてしまったことに気がついた。
「ジュエルはきっと無事だよね……」

改めて自分の咄嗟の行動を反省してミアは冷静になったのか、自分の身体に怪我が無いか確認する為に手を動かそうと試みたのだが、そこで気づいた。まるで手足を動かすという概念を失ってしまったかのようなのだ。重力に逆らって関節を動かす感覚、細かな体毛に風が触れる感覚すらなくなっていて、勿論その先の手触りも失っていた事にショックを受ける。
そういえば、辺りを見渡す時も目を開けて首を動かすといった感覚が無かった、ということにも気づき始め、そこでようやく自分が死んでいるのでは無いかという疑惑がジワリとにじり寄って来たのだが、不思議とそれに対する恐怖は襲いかかってこない。まるで恐怖という大きな怪物が敵意という牙を抜かれてしまい、腹を見せてこちらに服従している姿で居るようだ。更にはその怪物のフワフワの腹毛に頬を這わせたような愛念すら感じた。
いつのまにかミアはこの永遠の微睡みの様な心地良い感覚を永久に浸っていたいとさえ、ぼんやりとした意識と温度の中で望み、それを願っていた。

「……うわ! なに⁉︎ 」
しかし、その願いも長くは続かず突如として雷の様なバリバリという大きな音が耳から入り、身体の中で反響し全身を揺らして微睡みの意識から目が覚めた。その瞬間に照明のスイッチを入れたかの様にパッと明るくなり、闇に潜んでいた怪物は獲物を仕留めきれなかったというように恨めしやと退散し、ホワイトアウトした世界へと変貌したのだ。
ミアは一体何が起こったのか分からずに混乱していたのだが、だんだんと近づいてくる声に気がつき、それに意識を向けた。

「……ァ」
「……ィァ」
「……ミア」
「……ミア!」
それを聞いたミアは必死に自分の名前を呼ぶ声に返事をしようとしているのだが、声を出しているつもりでも膜に包まれているかの様に全く空気が揺れてくれない。それでもミアは、必死で、強く、なんとかして気づいてもらおうと声にならない声を出し続けた。
「……。」
「……ゥ」
「……ゥェル」
「……ジュエル!」

———–
「ジュエル!」
悲鳴にも似た自分の声でミアが目を覚ましたのは安そうな音を立てて軋むベットの上でだった。
「なあに?」
そう応えた本人は近くの椅子に座り、読んでいた書物から目を離しミアの様子を仰ぎ見た。大粒の涙を両の目に浮かべていて、まるで悪い夢をみてしまった子供のようだ。と、思わずくすりと笑ってしまった。
ミアは久しぶりに暗い部屋から出てきた時のように窓からの採光で目を細めるも、涙か粘液の所為なのかよく見えないようだ。しかしながらジュエルの声がハッキリと自身の長い耳に入ってきたのが嬉しくてミアは再び感極まり涙が溢れた。
ジュエルは読んでいた書物を閉じ、ベッドへ近寄って端に座り、安堵の表情で溢れ零れん涙を親指の腹を使って優しく拭ってあげる。
「よかった!生きてたんだね!」
「それはこっちの台詞よ……。ちょっと!抱きつかないで!この服はお気に入りなんだから!」
涙とヨダレに塗れたミアはついに声を上げて泣き出し、そんなミアに抱きつかれてしまったジュエルまでも泣き出しそうな、しかし少し頬が緩んでいる複雑な表情でされるがままになってしまうのだった。

その後、ミアがようやく落ち着いたのを見計らってジュエルはあの食事会での出来事を話し始めた。

ジュエルがカエルの王様の腹を開いた後、遠巻きに見ていた従事者たちから沸き起こる歓声、自由を手にした感激の嗚咽に包まれて、ジュエルは直ぐにこの国の英雄になってしまったらしい、と察した。案の定に人々はパレードをしようだとか銅像の制作を始めようだとか、今までの暗い過去を振り去るように明るい笑顔で口々に言い合ったり手を取り踊ったりしていた。
しかし、それよりも粘液塗れのミアが出てきたが動かない状態だった事と自分もすっかり疲れてしまっていたので、とにかく静かな所で休みたかった。
それを察したのかジュエルに短剣を渡してきたウェイターが近寄り、細い身体とは裏腹に軽々とミアを担ぎ上げたかと思うとついて来るように目配せをした。
しばらく細い道を真っ直ぐに行ったり曲がったりする洞窟のような通路を抜けて、月明かりの光に照らされて草木が雨粒で踊る音がそこらから聴こえる森の中に突然出てきたのだった。
「この場合、地下帝国だから外に出たとは言わないのかな?」
ウェイターは何も言わずにしっかりとした足取りで歩みを進め、辿り着いた一軒の小さな小屋の戸を開けた。そして、カーテンもつけていない窓の側にある硬そうなベットの上にゆっくりとミアを寝かせた後にジュエルの方を向き深く頭を下げ、何も言わずに出ていってしまった。しかし、その時の表情は申し訳なさそうに眉を伏せているのだが両の眼はしっかりと明るい未来への希望に充ちていた様に見えた。
その場に残されてしまったジュエルはしばらくの間傍らで月のお姫様のように照らされるミアの安らかな寝顔を見ていたが、それに誘われるようにして自分も段々と瞼を閉じていった。

ジュエルがいつの間にか眠ってしまっていたと思った時には窓から太陽の光が顔を覗かせていて、ベットの近くには預けられていたはずの荷物がひっそりと置かれていた。先程のウェイターが戻って来て置いていってくれたのだろうか。

2016-12-31-13-11-12

「ミア?そろそろ起きてよ」
ジュエルはそう言ってまだ目を瞑っているままのミアの身体を軽く揺するが反応は無かった。しかし、ゆっくりと胸が上下しているので呼吸はしているようだ。
返り血で固まったままの髪をかき上げながら長い溜め息を吐くと、紅黒いシミが付着した服を適当に脱ぎ捨てる。この小さな小屋でも水道は通っているらしく蛇口から水が出たのを幸いに髪を洗い、身体を拭いてからこの国に来る前に新調したお気に入りのドレスに着替えた。更に義手と義足を軽くメンテナンスをして、一通りの出発準備を終えた。
「まだ寝ているの?」
ジュエルはミアが眠るベッドの端へ座り呼びかけたのだが、森の中に住む小鳥だけが明後日の方向へ応えるのだった。
「おーい、ミアさーん。あなたの大好きなカレーがありますよー」
彼女の長い耳の近くで呼びかけても目を覚まさない。少し心配そうな顔になり、ジュエルはミアの寝顔をじっと見つめていた。
フサフサとした短い毛の生えた長い耳、サラサラの髪、今は目蓋で伏せているけれどそこには大きくて吸い込まれそうになる漆黒の瞳があって、触るとお饅頭の様な弾力の頬。そして、少しだけ尖らせているツヤツヤとした唇がそこにはあった。
「ミア……本当に寝てるの?」
ジュエルは起こさないように右手をゆっくりとミアの髪に沿わせる。胸の鼓動が頭の中で段々と大きく反響していくのがわかった。
「…………ん」
すると、一瞬だけミアが反応したのでジュエルは驚き、急いで近づけ過ぎていた顔を離して何事もなかったかのように取り繕った。
鳥達の声も消え、風で木の葉が擦れる音すらもフェードアウトし、ジュエルには先程よりも速くなっている心臓の音が頭蓋骨の中でこだまし、鼓膜を痛いくらいに揺らしていた。

「助けてくれてありがと……」
そして、一瞬だけ二人の暖かい皮膚は触れ合う。

我に返ったようにジュエルは両頬を少しだけ紅く染めて、大袈裟についさっき思い出したような演技をしながら鞄から小さな本を取り出して角を折ってあったページを開き、新たなページをめくりはじめる。

「ジュエル!」

「なあに?」

 2016-12-31-13-11-17



今月の一言

Writer:Hyuga.731

illustration:zinbei     (HP)

月刊Bedroom techno11月号

前回 // 次回→

bedroomへの一枚
 ⇒go!

ep6…lied april
 ⇒go!




   

bedroomへの一枚

Mall Grab – Elegy

Music by Mall Grab
From the album “Elegy”
https://1080pcollection.bandcamp.com/album/elegy-12

Mall Grab
https://soundcloud.com/mallgrab

前回の月間 Bedroom techno 9-10月号でも紹介した注目高まる1080pレーベルの第三弾のリリース。

オーストラリアはニューキャッスルのJordon AlexanderのMall Grab名義による”Elegy”は、80年代末のシカゴのクラブでかかっているようなディープ・ハウスの4トラック。

2015年に自身のbandcampでリリースした作品集を含めてこれまでに様々なレーベルからいくつものレコードをリリースしてきて1年しか経っていないが、その再販売価格の高騰は彼がハウス界隈の中でも波に乗っているプロデューサーであることを示している。

その中でもこの”Elegy”は一番deepであるといえるだろう。
独特のイコライジングで仕上げたソウルフルなサンプリングをキックに乗せてドリーミングな仕上がりで決まっている。

最近の活動はオーストラリアを中心にDJイベントに積極的に参加している。
去年のイベントになってしまうが、私はこのANDROMEDA FES. で行われたTuff ShermとのBTBのvideoが特に好きだ。

ほかにもBoiler RoomやRinse FMにも参加しており、若干21歳ながら着実に地位を上げてきている。

2016年。いや、2017年も大注目のハウス・プロデューサーといってもいいだろう。

  



 ep6…lied april

「やがて、私が完成させた、もはや一つの芸術作品ともいえる国に対して、非難してきたやつらはヘラヘラと笑いながら、さも当然という顔で入国と居住の申請を申し出てきましたよ!」

カエルの王様が怒りに任せて手を振り下ろしたことによりテーブルが揺れて、ジュエルの元にあったフォークが長毛の絨毯の上に音もなく落ちてしまった。

まったく、この手の輩は静かに食事も出来ないのかしら。
そんな事を考えながらジュエルは足元のフォークを拾おうと手を伸ばした
しかし、その手が触れるよりも早くいつの間にか近づいていたウェイターが落ちてしまったフォークを拾い上げた。
そして、ウェイターは無言のまま手に持っていたペーパーに包まれた新しい銀食器をジュエルに差し出した。
ジュエルはそれを受取ろうとしたが、食事も既に終わり使わないことに気が付き
「ありがとう。でも、もう使わないから下げてくれる?」
お礼を伝え、食器を受け取らなかった。
そこで普通のウェイターの場合、「かしこまりました」と言って下がっていくのだが、このウェイターは何故か挙動不審になりながら震える声で答えた
「い、いえ、お受け取りくださいませ……」
急にウェイターはジュエルの手首を掴み無理やりにペーパーに包まれた新しい銀食器を握らせた。
そしてほんの一瞬、力強く何かを懇願するような眼差しでジュエルの眼をじっと見つめ、何かを伝えたそうに口を震わせたのだったが、やがて諦めたようにきびすを返して下がって行った。

ウェイターの突然の豹変に対して不思議と恐怖は湧かなかったが、恐らく何かを伝えたかったのだろうと察したジュエルは疑問と感嘆の色が混ざった複雑な表情で自分の手のひらに握られた重たく小さな銀食器のペーパーを外して、ようやく疑問の色が感嘆に塗り潰された。
それは、パンケーキを切り分けるには重たく大きすぎる、鋼でできた諸刃の短剣だったのだ。
さらに包まれていたペーパーに何か文字が書かれていることに気づく。それ読み終えるとため息を小さくして、覚悟を決めた表情で後ろを振り返り再びウェイター呼び戻した。
「ちょっと、ウェイターさん。カラシを持ってきてくれない? 特別にカラいのを、ね」

……

201611nov2

「ところで、我が国自慢の料理はお気に召しましたか?」
話も食事もひと段落して、落ち着いた頃。カエルの王様は先程とは打って変わって優しい表情で二人に訊ねた。
「ええ、とても美味しかったです」
「そうですか!満足していただけて良かった」
ミアは食事も終わったので、これから街に出て必要なものを買ってから明日の朝には旅を再開出来るだろうか、と考えていたのだが、それを提案する前に王様からのお国自慢がまた始まり、内心はウンザリとした。
「我が国の野菜は完璧な機械管理により効率的に生産されておりますので素材そのものが美味しいでしょう!
しかし一方で肉の生産数が追いつかなくてね……」
ジュエルはカラシなんかウェイターさんに貰っていたけれど、まだ食べるつもりなのかな?

「だからこうしてたまに迷い込んでくる『食材』を清掃、消毒、油塗りと野菜詰めまで行い、最終的に私が品質をチェックしてから精肉加工に入るのです。王国印のハムやソーセージは品質が高いと国民も大喜びですよ。何の肉を使っているかなんて考えもしないほどにね……!」

それならあたしももう一個だけ、この美味しいかぼちゃプリンを食べようかな。

「それでも、今年は肉の出荷が少なくて私が口にする分まで制限されてしまっていてね。もうずっと野菜ばかりの生活で耐えてきた……」

でもちょっとだけ今日は食べ過ぎちゃったから止めておこうっと。

「これでようやく私もまともな『食事』にありつけるというものだ……!」

「あなた、私たちを最初から食べるつもりだったのね」
「えっ?何を食べるって?」
ジュエルは相手にとって自分達が調理前の生肉としか見ていない事を判断した。
ミアは…寝ぼけているようだった。

「正解ですよ、機械のお嬢さん。でも、残念ながらもう遅い。牛から人間の肉まで、あらゆる肉を食してきたが、野菜がたっぷり詰まった新鮮なウサギの肉と人間の肉はさぞ美味いだろうなぁ」
恍惚の表情を浮かべるカエルの口からは粘度の高い涎汁が溢れ零れ、足元の絨毯に染み込んでゆく。

「あのドロドロにはシんでも触りたくないね」
「……うん」
二人の余りにも嫌悪感を露わにした表情はカエルの王様に対して癇に障ったのだろうか、紅いの体表を更に色深く染めて苛立ちをあらわし始めた。
「まだ自分たちの立場がわかっていないようだな! 先ずはその汚い口を持つ人間の小娘から食べてやる!」
そう言ってカエルは唾液撒き散らし怒りと食欲の矛先をジュエルへ向けてムチのような舌を鉄砲の様に発射した。
ジュエルは隠し持っていた短刀を既に逆手に構えて攻撃を待ち構えていたのだが、その刃先は空を切ることとなる。

ミアは動物的な眼力で、カエルの口からジュエルに向かって長い舌が伸びていくのを目で捉えていた。さらに、考えるよりも先に身体が動いてしまったのか、ジュエルを両手で押し倒す。
標的が変わった弾丸はミアを捉え、一瞬にして宙へ持ち上げる。
首と腹部をしっかりと巻き取られたミアは透明の体液まみれの顔を不快感と苦しさで歪める
「う、うぐ……」
「なにしてんのよ!バカ!」
ジュエルは押し倒されて少しの間こそ驚き困惑していたが、すぐに短剣を持ち直してミアを捉える触手の様な舌に切りかかったが遅かった。
「いただきます!」
ミアは一瞬にして巻き取られ大きなカエルの口の中に収まって行った。
カエルは大きな音のげっぷをするとミアが着ていた下着を吐き出す。
「うん…少しフルコースの順番が狂ったが、やっぱりメスの兎肉は生に限るなぁ!」
布はグチャグチャに濡れて淫靡な輝きを放ってそこに存在を表していた。
「さあ次こそはメガネのお嬢さんだ。今じゃ純粋な人間の肉も珍しい。さっさと食べてやりたいが、やっぱりその金属だらけの身体では少し調理が必要だな」

またもやカエルの口からピンク色の舌が伸びて今度はジュエルに襲いかかり体に巻きついた。
「く、苦しい」
しかし、カエルは突如として巻きつけていた舌を緩めた。
「あぐがぁ!」
驚いてのけ反った拍子に尻餅をつき叫び声を上げてのたうち回っている。それを横目にジュエル言った
「まったく……辛子と唾液まみれじゃない」
ジュエルは先程ウェイターに頼んでいた辛子を身体に塗りつけていたのだ。

「さぁ、今すぐミアを吐き出して荷物を返してくれるなら何もしないであげる。あと慰謝料として食料と水と熱いシャワーも頂戴ね」
ジュエルらつかつかとカエルに近寄って行ったかと思うと、ぐいと
義手の方で舌を挟みあげながら含み笑いを浮かべており、苦しむ姿を喜んでいる様だった。
「なにほ、いうは、ほうなはら、へっはいに、はええあう!」
カエルが闘志というよりも食い意地を燃やした眼で威勢を放った。
「あがっ!」
しかし、その次の瞬間には自身の舌が根元から切り離されており、口から多量の血液や体液を噴き出していた。
「んーと、何を言っているか分からないけれど、いいえ。という答えなのはわかったわ」
ジュエルは持っていた短刀で舌を切断。続けて、でっぷりと大きく丸い身体を首元から股下まで縦に裂いた。
201611nov1
「い”い”い” ⁈」
どろり、と赤黒の輝く臓物たちが我先にと裂け目から飛びだしていく中で、長い耳をぺったりと丸め、膝を抱えて丸くなりながら固く目を瞑っているスッポンポンのミアも濡れたまま内から出てきた。
「消化が遅くて良かった。これが本当の二兎追う者は一兎も獲ずってやつね。あら、あたしはウサギじゃなかったか」
カエルの王様は涙と汗と血で手や顔をを濡らしながら床に散らばった内蔵を裂け目へ必死に押し戻していたが、やがてその動作も遅くなり、最期には白目を向き、うつ伏せに倒れて動かなくなった。




今月の一言

Writer:Hyuga.731

illustration:zinbei     (HP)

2016/10/30 秋M3のお知らせ(ク-13x)

m3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc201610


731Records
&
Aobato Label
第二展示場2F / ク-13x

 


今回は私が出展応募するのを忘れていたばっかりに参加できないとあきらめていた処、aobato labelさんからお声かけをいただきまして、委託販売という形ですが少々物販を置かせていただきますのでよろしくお願いします。

私本人はスペース周りが狭いこともあって、企業ブース行ったりあいさつ回りでスペースにいることも少ないかもしれませんが、最初の方と最後の一時間位とスペース主さんから出動要請があれば戻ってます。その時は731records Twitterアカウントで随時更新いたします。

と、いうことで今回は申し訳無い事に新譜はございませんが以下からお品書きとなります。
よろしくお願いいたします。


FLAT402 Decal Ticket

731recordsの24時間オンラインミュージックフェス「FLAT402」が再び開催!
イベントには国内&海外から多数のアーティストが出演!
詳細はこちらから!
FLAT402#2 開催!/2016.04/30~5/1 will be held!

※イベントは終了しましたが購入することでアーカイブが見れます

FLAT402 Decal Ticket: 300円

 2016-04-21 20.24.50



MINIMAL compilation 「SQUARE ONE」

試聴: 731records.info/731RVA.html

CD :1000円
ステッカー(mp3のDLコード記載): 500円

img



tink kid – The WAY EP

試聴: http://731records.info/releaseSite/731R13/731R13.html

CD: 1000円
iTunes: 600円
itunes.apple.com/the-way-ep

1002
cd

731records & Aobato Label
第二展示場2F / ク-13x

2016年秋M3 at 東京流通センター(TRC)
11:00~15:30
http://www.m3net.jp/

KapselHotel MIXTAPE pt5 – Mutsuki Nishimori – flat402 livemix


Artwork: うらな – 「夏がそこまで」
http://www.pixiv.net
http://seiga.nicovideo.jp

Sound: Mutsuki Nishimori
/ soundcloud.com/toracloud


< DL >



WEB: 731records.info
FACEBOOK: www.facebook.com/731records
TWITTER: twitter.com/731records
SOUNDCLOUD: @731records
MIXCLOUD: www.mixcloud.com/731records/
INSTAGRAM: instagram.com/731records
TUMBLR: sleepers731.tumblr.com


 

KapselHotel MIXTAPE pt4 – amahisa


Artwork: Kanoguti – 平和の仕組み
/ http://www.pixiv.net/
/ http://kanoguti93.web.fc2.com/

Sound: Amahisa
/ soundcloud.com/yhvh_amahisa
http://www.nicovideo.jp/mylist/42194566
https://twitter.com/yhvh_amahisa
https://amahisa.booth.pm/


< DL >



WEB: 731records.info
FACEBOOK: www.facebook.com/731records
TWITTER: twitter.com/731records
SOUNDCLOUD: @731records
MIXCLOUD: www.mixcloud.com/731records/
INSTAGRAM: instagram.com/731records
TUMBLR: sleepers731.tumblr.com


 

FLAT402#2「J・P・RN」

731recordsの24時間オンラインミュージックフェス「FLAT402」が再び開催!
イベントには国内&海外から多数のアーティストが出演!

24hr online music festival “FLAT402” will be held again 731records!

FLAT402#2
(Japan,UTC+9) 04/30_22:00~05/01_22:00 
(NewYork,UTC-5) 04/30_09:00~05/01_09:00 
(Berlin,UTC+3) 04/30_15:00~05/01_15:00 
(London,UTC-0) 04/30_14:00~05/01_14:00 
(BuenosAires,UTC-3) 04/30_10:00~05/01_10:00

J・P・RN


(japan time 13:00~14:00)

 

独特のセンスで切り取った日本語のサンプリングを織り交ぜたCHILLでMELLOWな曲をつくる
アルゼンチン出身のトラックメイカー

JPRN create a CHILL and MELLOW songs.
It is interweaving a sampling of Japanese words.

soundcloud https://soundcloud.com/inferedlovee
WEB http://inferedlovee12.tumblr.com/


 

FLAT402#2「Hiroto Kudo」

731recordsの24時間オンラインミュージックフェス「FLAT402」が再び開催!
イベントには国内&海外から多数のアーティストが出演!

24hr online music festival “FLAT402” will be held again 731records!

FLAT402#2
(Japan,UTC+9) 04/30_22:00~05/01_22:00 
(NewYork,UTC-5) 04/30_09:00~05/01_09:00 
(Berlin,UTC+3) 04/30_15:00~05/01_15:00 
(London,UTC-0) 04/30_14:00~05/01_14:00 
(BuenosAires,UTC-3) 04/30_10:00~05/01_10:00

Hiroto Kudo


(japan time 02:00~02:30 )

 

1994年生。物音や環境音のサンプリングと電子音の組み合わせによって、有機的かつユーモラスな音像を生み出すことを考えて曲作りと研究を重ねる毎日。fusz 、fumin. のコンピレーションに参加した他、Bandcamp上で自主制作EPをリリースする等、精力的に活動を行っている。